福島ユナイテッド、アウェーで讃岐に競り負け

 
【讃岐―福島】ドリブル突破する福島のMF諸岡=香川県・ピカラスタジアム(福島ユナイテッドFC提供)

 (7日・ピカラスタジアムほか=6試合) 福島はアウェーでカマタマーレ讃岐に1―2で敗れた。福島の通算成績は2勝3敗で10位。

 福島は、ボールを回し相手ゴール前に迫るが決定機をつくれず、前半は0―0で折り返した。後半17分にCKから失点すると、MF星、FW小牟田を同時に投入して反撃を試みる。すると同35分、ゴール前のこぼれ球を拾ったMF田村のミドルシュートが決まり、同点に追い付いた。しかし2分後、ロングボールから守備を崩され、勝ち越しゴールを決められた。試合終了間際には小牟田のポストプレーから最後は星が走り込んだが、シュートは枠を捉えられなかった。

 福島は次戦の14日、ホームのとうほう・みんなのスタジアムでYS横浜と対戦する。午後2時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道