福島ユナイテッド、ダブルボランチが序盤奏功 天皇杯県代表決定戦

 
【福島―いわき】公式戦初出場で存在感を示した福島のMF吉永〈29〉

 対照的なサッカースタイルを掲げる両チームの戦いは、好機を確実にものにしたいわきに軍配が上がった。先手を打ったのは福島。J3のリーグ戦で採用している1ボランチから2人のボランチを置く「4―2―3―1」の布陣に変更。序盤はワントップのFWがいわきのMFとDFの間にうまくスペースをつくり、中盤の選手が攻め上がることで、複数の決定機をつくった。

 福島に今季加入したMF吉永大志は、決勝の大舞台で公式戦デビュー。橋本拓門とのダブルボランチで存在感を示した。

 全体のバランスを意識したポジション取りで、攻守のかじを取った。しかし「次第に下がり気味になり前線が孤立した」と吉永。相手が攻勢に出る中で攻撃のスイッチを入れられず、後半途中で交代した。

 JFAアカデミー福島出身で、福島を「第二の故郷」と語る。県代表を懸けた一戦に「両チームの意地がぶつかり合う独特な雰囲気があった」と振り返り、「福島の伝統のチームとして二度と負けない」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道