清陵情報・安倍、自己新で圧勝 県高体陸上・男子1500メートル

 
【男子1500メートル決勝】優勝した安倍(清陵情報)

 県高校体育大会陸上競技は24日、郡山市の郡山ヒロセ開成山陸上競技場で開幕した。1500メートル男子は安倍優紀(清陵情報3年)が優勝した。

 安倍は、先頭で迎えた残りの1周でギアを上げ、後続に3秒以上の差を付けてフィニッシュ。「最初から最後まで引っ張って逃げ切る」。その言葉通りのレース展開を見せた。

 昨年の国体で5位に入るなど「本職」は800メートルだが、駅伝や進学後も見据え1500メートルにも挑戦している。この日は自己新を記録したが、800、1500メートルともに競り合うライバルの加藤駆(かける)(学法石川3年)が胃腸炎で欠場。「うれしいのはうれしいが...」と複雑な表情だった。

 25日からは800メートルの予選が始まる。「ベストなら大会記録を狙える。県記録もインターハイ前には更新したい」とすでに前しか見ていない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場