東日本国際大、初戦敗退 全日本大学野球

 
【東日本国際大―愛知工大】6回裏2死満塁、右前に2点適時打を放つ東日本国際大の鈴木=10日、東京ドーム

 第68回全日本大学野球選手権大会第1日は10日、東京ドームで1回戦計4試合が行われた。2年連続14度目出場の東日本国際大(南東北大学野球連盟、いわき市)は愛知工大(愛知大学野球連盟、愛知県豊田市)と対戦、3―7で敗れた。

 東日本国際大は愛知工大の強力打線を抑え込めなかった。

 東日本国際大は二回、2死二塁から先発佐々木が2点本塁打を浴びて先制を許す。その後も犠打や足を絡めた相手の攻撃に対応できなかった。

 六回には鈴木の2点適時打などで一時3点差に詰め寄ったが、その後は打線が沈黙した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に