いわきFC U―18、全国逃す クラブユース東北予選

 
【いわきFCU―18―ヴァンラーレ八戸U―18】全国出場を目指し、最終節を戦ったいわきの選手(左)=山形県天童市・スポーツ山形21石鳥居グラウンド

 東北地方のサッカーU―18(18歳以下)チームが全国大会の切符を争う日本クラブユース選手権大会東北予選決勝ラウンドは9日、山形県天童市のスポーツ山形21石鳥居グラウンドで最終節3試合を行い、いわきFCU―18はヴァンラーレ八戸U―18(青森)に1―3で敗れ、初の全国大会出場を逃した。

 決勝ラウンドは6チームのリーグ戦で行い、3位までが7月に群馬県などで開かれる全国大会へ出場。

 いわきは1勝1分3敗の勝ち点4で、6チーム中4位だった。全国大会には、ベガルタ仙台U―18、モンテディオ山形U―18、ブラウブリッツ秋田U―18の3チームが出場する。

成績次の通り。
〈1〉ベガルタ仙台U―18〈2〉モンテディオ山形U―18〈3〉ブラウブリッツ秋田〈4〉いわきFCU―18〈5〉ヴァンラーレ八戸U―18〈6〉塩釜FCユースU―18

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場