白河の根本が優勝 八種競技・東北高体

 

 東北高校選手権は15日、東北各地で計9競技が行われた。自転車の4000メートル団体追い抜きは、学法石川(辺見竜馬、柳沼鼓太朗、大橋佑太、渡辺灯希)が4分36秒847で優勝した。

 陸上は八種競技の根本大輝(白河)が5243点で頂点に立った。

 重量挙げは、男子67キロ級の高木弘成(勿来工)が213キロ(スナッチ98、ジャーク115)で制した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン