福島成蹊・五十嵐、接戦制す 県高体水泳・男子100自由形

 

 第65回県高校体育大会水泳競技最終日は23日、郡山市の郡山しんきん開成山プールで、男女10種目の決勝が行われた。

 男子100メートル自由形は五十嵐蓮(福島成蹊3年)が53秒50で制した。

 栄冠を手にした五十嵐は、後半から泳ぎのフォームを変えて接戦を制した。

 前半はいつも通りにひじを曲げるストロークだったが、「思った以上に離されなかった。いける」とひじを伸ばすフォームに変えてギアを上げ、そのままタッチの差で優勝を勝ち取った。3日間の疲れもあったが、終わってみれば自己新記録も更新した。

 3位の野矢育夢(尚志1年)には50メートルで敗れ、同じくチームメイトで2位の吉田朱佑(3年)にも高校2年の時からなかなか勝てていなかった。それだけにこの優勝が「自信になった」と五十嵐。

 目標とする52秒台に向け、「前半もきょうの後半のような泳ぎをできるようにしたい」と力強く誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン