男子・福島、女子・福島大が優勝 全日本バレー福島県大会

 
【福島―二高倶楽部】スパイクを放つ福島の選手(左)

 バレーボールの天皇杯・皇后杯全日本選手権大会県ラウンド最終日は14日、郡山市の西部体育館で行われ、男子は福島、女子は福島大が優勝した。日本バレーボール協会の主催。

 男子12チーム、女子5チームが出場し、熱戦を繰り広げた。男女の優勝チームは9月14、15の両日に岩手県で開かれる東北ブロックラウンドに出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし