男子ハンマー投げ、長雄が復活劇 福島県総体陸上

 

 陸上の第72回県総合体育大会・第74回県選手権大会最終日は14日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女14種目の決勝が行われ、男子ハンマー投げは長雄克(相双陸協)が51メートル54で優勝した。

 「投てきを盛り上げようと久しぶりに参加した。優勝を目標にしていた」。男子ハンマー投げの長雄克は、最後の試技となる6回目に51メートル54を記録、3年ぶりの優勝を飾った。

 ここ2、3年は競技から離れていたが、昨冬からトレーニングを再開した。「中学生の時は、先輩の姿を見て競技に興味を持った。若い人にも投てきを見てほしい」。先輩の存在感を次世代に示す復活劇だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし