女子1600リレー、東邦銀行が大会新V 福島県総体陸上

 
【女子1600メートルリレー】大会新記録で優勝した東邦銀行の(右から)松本奈菜子、青木りん、武石この実、青木沙弥佳

 陸上の第72回県総合体育大会・第74回県選手権大会最終日は14日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女14種目の決勝が行われ、女子1600メートルリレーは東邦銀行が3分42秒99の大会新記録で制した。同種目7位の若松三中は4分8秒03で、県中学新記録を更新した。

 女子1600メートルリレーは、1走松本奈菜子、2走青木りん、3走武石この実、4走青木沙弥佳で臨んだ東邦銀行が14年ぶりに大会記録を塗り替えて優勝した。

 12日の予選で大会新をマーク。雨の中で行われたこの日の決勝で、さらに記録を更新した。実業団選手として貫禄を見せた形が、東邦銀行が持つ3分35秒90の県記録には及ばず、4人は「この記録ではまだまだ」と口をそろえた。

 中でも武石と松本は9月の世界選手権女子1600メートルリレーの代表候補に選ばれている。「日本記録を出すくらいじゃないと。もっと走力をつける必要がある」と武石。松本も「ラスト50メートルの走りに課題が残った」と反省した。あくまで世界の舞台を見据え闘い続ける。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし