トライアスロン大会に向け給水リハ 会津大生ら、8月25日号砲

 
リハーサルをする学生ら

 会津若松、猪苗代、磐梯の1市2町を舞台に8月25日に開かれる「うつくしまトライアスロンinあいづ」を前に、大会ボランティアとして参加する会津大の学生らが20日、同大で給水などのリハーサルに臨んだ。

 同大トライアスロン部の部員に加え、同大と同大短期大学部の学生ら計約45人が参加。リハーサルでは校内を走るトライアスロン部員らに、ボランティアの学生が水が入ったプラスチック製コップを手渡した。

 今回初めて参加する同大短期大学部1年の女子学生(18)は「選手が気持ちよく競技に集中できるようサポートしたい」と意気込みを話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし