男子単、岩野が気迫の4強入り 全国中学校・バドミントン

 
【男子シングルス4回戦】ストレート勝ちで準決勝に進んだふたば未来の岩野

 第49回全国中学校バドミントン大会第3日は21日、兵庫県の尼崎市記念公園ベイコム総合体育館で男女シングルスとダブルスの4回戦までが行われ、県勢のふたば未来は男子シングルスの岩野滉也(3年)と斎藤駿(同)が準決勝に進んだ。

 男子シングルスの岩野は「(この日)最後の試合だったから飛ばしていった」と強打で相手を寄せ付けず、4回戦もストレート勝ちした。

 前回大会は決勝で1学年先輩の武井凛生(ふたば未来高1年)との同校対決に敗れ、準優勝だった。「今年は相手の向かってくる気持ちが強い」と追われる立ち場と感じているからこそ先手必勝で相手のペースにさせなかった。目指す優勝へ残り2試合。「2位ばかりだったから最後の全中は優勝したい」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道