ふたば未来躍動!藤田・三本菅組は善戦 全国中学校・バドミントン

 
【男子ダブルス2回戦】強豪相手に善戦したふたば未来の三本菅(手前)と藤田=尼崎市記念公園ベイコム総合体育館

 第49回全国中学校バドミントン大会第3日は21日、兵庫県の尼崎市記念公園ベイコム総合体育館で男女シングルスとダブルスの4回戦までが行われ、県勢のふたば未来は男子シングルスの岩野滉也(3年)と斎藤駿(同)、同ダブルスの池田真那斗(同)・崎野翔太(同)組、女子シングルスの石岡空来(2年)、同ダブルスの伊藤歩(3年)・山北奈緒(2年)組が準決勝に進んだ。大会最終日の22日は、男女シングルスとダブルスの準決勝、決勝が行われる。

 男子ダブルスの藤田真矛(まなむ)(ふたば未来3年)三本菅弘憲(同2年)組は埼玉栄ペアにストレート負け。「勢いを大事にしていきたかったが」と悔しがった。

 第1ゲームの開始から6連続得点で勢いに乗った。しかし、終盤に追い上げられ20―22でゲームを落とすと、第2ゲームの懸命なプレーも実らなかった。

 小学生時代から全国の表彰台に立ってきた選手も多く、厳しい部内競争に「心が折れそうな時もあった」と2人は明かすが「次の日にはまた練習している。バドミントンが好きだから」と力を付けてきた。この敗戦を糧にまた強くなる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道