勝負分けたミス ふたば未来の池田・崎野組準優勝、全中・バド男子

 
準優勝した男子ダブルス池田(左)・崎野組

 優勝が有力視されていた男子ダブルスの池田真那斗・崎野翔太(ふたば未来3年)組だったが、決勝でまさかのストレート負けを喫した。

 池田は昨年、同種目で優勝。今大会も準決勝まで危なげ無く勝ち進んだ。決勝の相手は団体戦でストレート勝ちしていた岡山県ペア。「準決勝を勝てたことで少し余裕が出てしまった」と池田。わずかな気持ちの緩みが勝敗を分けた。

 中盤まで優位に進めた第1ゲームだったが、連続ミスから14―14の同点に追い付かれた。流れが変わり、第2ゲームも勢いを止められなかった。

 「あそこで相手に乗らせてしまった」と連続ミスを悔やむ崎野。準優勝も誇るべき成績だが、「負けは自分たちにチャレンジする気持ちの強さが足りなかったから」と反省の言葉が続いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 24校が闘志!センバツへの道