福島高卒・山下潤、男子200連覇 日本学生対校陸上

 

 陸上の日本学生対校選手権最終日は15日、岐阜長良川競技場で行われ、男子200メートルは世界選手権代表の山下潤(筑波大、福島高卒)が20秒70で連覇した。男子400メートル障害は世界選手権代表の豊田将樹(法大)が49秒39で初優勝した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

最後の夏!学法石川「3年生のみで臨む」 高校野球・代替大会