福島清水が準優勝 民友旗・福島県還暦軟式野球

 
準優勝の福島清水野球クラブ

 県内のシニア選手(58歳以上)が熱戦を繰り広げる第18回福島民友旗争奪・県還暦軟式野球選手権大会の最終日は16日、会津若松市営第二球場で決勝が行われ、いわき泉還暦野球クラブが5―0で福島清水野球クラブに快勝し、8年ぶり6度目の優勝を果たした。

 強豪相手に手応え

 5回の優勝経験を持つ強豪相手。初回に2点を奪われ、相手のペースに飲み込まれたという。ベンチでは「単打でつなごう」と声を掛け続けたが、「うまく打線がつながらなかった」。冨田は悔しさをにじませた。

 チーム結成以来、初めての準優勝。確かな手応えを感じた大会だった。来年に向け、冨田は「一つずつ階段を上がっていきたい」とレベルアップを誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場