頂点へ16チーム熱戦 読売・民友杯、福島県U10サッカー

 
【相馬FC―勿来SCS】ゴール前で激しく競り合う選手=相馬光陽サッカー場

 サッカーの第3回読売・民友杯県U―10(10歳以下)大会第1日は21日、相馬市の相馬光陽サッカー場で開会式と予選リーグ計24試合が行われた。県サッカー協会の主催、読売新聞東京本社、福島民友新聞社、県東部読売会、県西部読売会の共催、県サッカー協会4種委員会、相双サッカー協会4種委員会の主管。

 大会は8人制で、小学校低学年の技術向上などを目的に開催。地区大会を勝ち抜いた16チームが出場している。最終日の22日は、同サッカー場で予選リーグの順位を基にした順位決定トーナメントが行われる。

 上位2チームは来年3月28、29の両日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で開かれる東北大会の出場権を獲得する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン