尚志サードがF1優勝、1差でつかんだ栄冠 Fリーグ・第18節

 
F1で優勝した尚志サード

 県内高校チームによる「高円宮杯JFA U―18(18歳以下)サッカーリーグ2019福島」(通称・Fリーグ)は21日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)で1部(F1)と2部(F2)の最終第18節計10試合が行われた。F1では尚志サードが郡山商を6―0で下し、2位の帝京安積に勝ち点1の僅差で優勝を飾った。

 県サッカー協会の主催、福島民友新聞社、福島中央テレビ、読売新聞東京本社福島支局の共催、モルテン、ミカサ、大塚製薬の協賛。

 「最後まで接戦だったが、勝ちきることができた。優勝は素直にうれしい」。尚志サードの主将神山侑門(ゆうと)(3年)は、2位の帝京安積を勝ち点1の差で競り勝ったリーグ戦を充実した表情で振り返った。

 尚志サードには、セカンドチームから落ちてきた選手たちもいる中で、選手のモチベーションを高めていくことに苦心してきたという神山。主将として、積極的に仲間に声掛けをして、チームの士気を高めていった。

 手にした優勝カップにチームの成長を実感した神山。今後も仲間と切磋琢磨(せっさたくま)しながら「トップチームで活躍できる選手になるためにまた練習を重ねたい」とさらなる成長を誓った。

 MVPに佐藤ら表彰

 試合後にJヴィレッジで行われた閉会・表彰式では、F1を制した尚志サードをはじめ入賞チームと、F1で最優秀選手賞に輝いた佐藤一輝(尚志3年)らの活躍をたたえた。F2はふたば未来と帝京安積セカンドが勝ち点42で並んだが、得失点差でふたば未来が優勝を決めた。

 小池征県サッカー協会長と遠藤祐二福島民友新聞社事業局次長が代表者に賞状や盾、トロフィーを手渡し、栄誉をたたえた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町