東日本国際大が2位 南東北大学野球・秋季リーグ

 

 南東北大学野球連盟の秋季リーグ戦は22日、南相馬市のみちのく鹿島球場で1部3試合が行われた。全日程が終了し、東北公益文科大が8勝2敗で10季ぶり2度目の優勝を飾った。県勢は東日本国際大が7勝3敗で2位、日大工学部が3勝7敗で5位、福島大が2勝8敗で6位だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場