福島東稜高卒・岸波が先発 あづま球場で日本女子ソフトリーグ

 
福島県出身の岸波が出場し観客の声援が響いた=福島市・あづま球場

 日本女子ソフトボールリーグ1部第8節は5日、福島市のあづま球場などで6試合が行われた。同球場では2試合が行われ、同率首位のビックカメラ高崎が10―1で伊予銀行を下し、トヨタ自動車が3―1でNECプラットフォームズに勝った。

 NEC戦では福島市出身の岸波亜美(26)=福島東稜高卒=が出場した。6日も同球場で2試合が行われる。

◆地元応援に「わくわく」

 NECの岸波亜美は2番遊撃で先発出場した。地元での凱旋試合に「高校時代の監督や友人が応援に駆けつけてくれて、わくわくした気分で臨めた」と地元の声援に感謝した。

 実業団に入団してから本県でのプレーは初めて。新しく生まれ変わったあづま球場の感触を確かめ「ボールのはね方もよく、自由に動けた」と振り返った。

 試合は1―3で敗戦。「惜しい試合だった」と上位チームとの対戦に手応えを感じた様子だった。6日の試合に向け、「チーム一丸となって戦う」と活躍を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン