初舞台で入賞、東京国際大・安藤 茨城ゆめ国体・ウエイトリフティング女子

 

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は5日、茨城県の各地で17競技が行われた。

 「初めての国体で緊張もあったが、入賞できて良かった」。

 ウエイトリフティング女子55キロ以下級の安藤千鈴(ちすず)(東京国際大)はスナッチで8位。試合の自己ベストと同重量の73キロを挙げ、入賞を勝ち取った。

 4月から大学に進学し、練習時間が増えて、着実に実力を付けて臨んだ今大会。

 トータルでは11位だったが、今年の県総体で記録した県新記録の163キロを上回る164キロとなり、充実の表情を浮かべた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町