郡山東高・小野7位 茨城ゆめ国体・少年男子共通110障害

 
【陸上少年男子110メートル障害決勝】7位入賞した小野和人

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は6日、茨城県の各地で16競技が行われ、少年男子共通110メートル障害の小野和人(郡山東高)は13秒79で7位だった。

 「また頑張る」

 陸上少年男子共通110メートル障害で7位の小野和人(郡山東高)はスタートの遅れが響いた。

 巻き返そうと力が入った中盤にハードルを足に引っ掛け、さらに後れを取った。インターハイはレース直前のウオーミングアップで足をつるアクシデントに見舞われて準決勝敗退するなど、大舞台で本来の力を発揮できないシーズンだった。

 「インターハイで駄目だった分、国体では決勝に進めたのは良かった」と冷静に振り返り、「ただ、7位では満足できない。また頑張るだけ」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン