上野完投 日本女子ソフトリーグ1部、福島・あづま球場

 
気迫のピッチングを見せた上野=福島市・あづま球場

 日本女子ソフトリーグ1部第8節は6日、福島市のあづま球場などで6試合が行われた。同球場では2試合が行われ、伊予銀行が6―2でNECプラットフォームズを下し、ビックカメラ高崎がトヨタ自動車との接戦を制し5―4で勝利した。ビックカメラ高崎―トヨタ自動車戦では、日本代表のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が完投した。

 あづま球場のマウンド確認

 日本代表のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が粘りの投球で完投勝利。「五輪の会場で投げさせてもらえて良かった」と充実感をにじませた。

 5日の試合後、マウンドの土が軟らかいと指摘があったがこの日、自らの足で土の感覚を確かめ「1日で改善されていてすごい」と驚きの表情を見せた。

 日本語と英語でアナウンスが行われるなど、五輪の本番さながらの雰囲気の中で試合を経験し決意を新たにした上野。「五輪では子どもたちに憧れてもらえるようなプレーがしたい」とさらなる進化を誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町