女子は帝京安積4連覇、男子・郡山北工V2 県高体新人ソフト

 

 県高校新人体育大会ソフトボール競技は14、15の両日、白河市の東風の台運動公園などで行われ、男子は郡山北工が2年連続28度目、女子は帝京安積が4年連続15度目の頂点をつかんだ。

 両校は来年3月に開かれる全国大会の切符を手にした。

 19、20の両日に青森市で開かれる東北大会には両校のほか、男子準優勝の相馬、女子準優勝の学法石川も出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン