B2福島ファイヤーボンズ連勝ならず デイビスが奮戦

 
【福島―西宮】第2Q、シュートを放つ福島のシャヒード・デイビス=福島トヨタクラウンアリーナ

 (10日・福島トヨタクラウンアリーナほか=4試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはホームで西宮ストークスと対戦し71―89で連勝を逃した。通算成績は7勝8敗。順位は東地区3位のまま。福島は16日、アウェーのならでんアリーナ(奈良市)で奈良と対戦する。午後6時開始予定。

 逆転勝利でホームを沸かせた試合から一夜。今季初の連勝を目指して臨んだ試合だったが、18点差をつけられての敗戦。駆けつけたブースターは肩を落とした。

 外国籍のチリジ・ネパウェが負傷で出場できない中、2試合で計57得点の活躍を見せたのは同じく外国籍のシャヒード・デイビスだった。この日は前日よりも5点多い、今季自己最多31得点を挙げたが、「一戦目と同じような力が出せなかった」とチームの課題を口にした。

 第2Qからは欠場選手の穴を補いきれなくなり、センターを務めるチリジのポジションもカバーしたデイビス。「ベストを尽くした」とは話したが、相手に次々とインサイドのシュートを許し、最後は力尽きた。

 次戦は奈良でのアウェー戦。「どれだけ落ち込んでも、次の試合はまたやってくる。1試合目と同じような力を出して戦っていく」と前を向いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン