新入幕・若隆景が連勝 持ち味の素早い攻め、大相撲九州場所

 

 大相撲九州場所で新入幕を果たした若隆景(福島市出身)が初日に初白星。持ち前の素早い攻めと技で大翔丸を寄り切り、2日目も大翔鵬を送り出しで破って2連勝と最高の出だしとなった。

 初土俵から2年7カ月のスピード出世で土俵を駆け上がってきた。「緊張感はあったが、意識することなく相撲を取れた」と幕内初日の取り組みを振り返った若隆景だったが、「まだまだ初日なので気持ちを切らさずにやる」と気合をみなぎらせる。

 一方で10月の台風19号や大雨で、甚大な水害に見舞われた本県を気遣い、「被災された福島の方々のためにもいい相撲を取りたい」と故郷への思いを口にした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

師走の南相馬路さっそうと3300人熱走 野馬追の里健康マラソン