新入幕4連勝の若隆景が休場へ 右足首けが、大相撲九州場所

 

 大相撲の東前頭16枚目で新入幕の若隆景(荒汐部屋、福島市出身)が九州場所4日目(13日)の照強戦に寄り切りで勝ち4連勝とした際に右足首を痛めたため、5日目(14日)から休場することが分かった。師匠の荒汐親方(元小結大豊)が明らかにした。

 荒汐親方によると、若隆景は取組後に福岡市内の病院で全治1カ月程度の負傷と診断されたという。再出場はせず、来場所は十両に転落する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

柏原竜二さん『走り方』伝授 サンシャインマラソンまで1カ月