丸山騎手がリーディング 秋の福島競馬閉幕

 

 日本中央競馬会(JRA)の「秋の福島競馬(第3回開催)」は17日、全日程を終了した。6勝を挙げた丸山元気騎手が秋の福島リーディングジョッキーに輝いた。

 秋の福島競馬は2日に開幕し、毎週土、日曜日の計6日間開催。期間中の入場者数は7万772人(前年比1.7%減)、売り上げは279億4260万1200円(同2.7%増)だった。

 今年の3回開催を合わせた入場者数は23万6616人(同1.9%減)だったが、売り上げは1281億8793万1千円(同6.2%増)で、前年を上回った。

 リーディング争いでは、丸山騎手が16日に3勝を挙げて首位に立ち、17日は福島での騎乗がなかったが、5勝で次点に付けていた団野大成、吉田隼人両騎手にこの日勝ち星がなかったため逃げ切った。

 丸山騎手は「調子が良い日もあれば、悪いも日もあった。波なく好成績を挙げられるようにしたい」とコメントした。リーディングトレーナーには、5勝を挙げた牧浦充徳調教師が輝いた。

 丸山騎手は福島3回開催で計16勝を挙げ、年間リーディングジョッキーも獲得。年間リーディングトレーナーは12勝を挙げた斎藤誠調教師だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に