J3福島ユナイテッド2連勝 守備陣が奮闘

 
【鳥取―福島】後半、相手のクロスを判断よくセーブするGK堀田(中央)=とりぎんバードスタジアム

 (17日・とりぎんバードスタジアムほか=9試合) 

 福島ユナイテッドFCはアウェーのとりぎんバードスタジアム(鳥取市)でガイナーレ鳥取に2―1で勝利し、2連勝とした。通算成績は13勝4分け14敗で、順位は10位のまま。

 福島は前半9分、敵陣でのパスカットからMF田村亮介が右足で先制。前半32分にはFW武颯が豪快なシュートでリードを広げた。

 後半に1点を奪われたが、GK堀田大暉らを中心とした守備陣が奮闘した。

 福島の次戦は24日、ホームのとうほう・みんなのスタジアム(福島市)でヴァンラーレ八戸と対戦する。午後1時試合開始予定。

 松田岳夫監督 序盤はリズムがつくれなかったが先制できたことが大きかった。真剣勝負のサッカーができ、選手の成長につながった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

エースが区間賞!相沢晃、松山和希 全国都道府県対抗男子駅伝