男子は福島商×相馬 春高バレー福島県大会・決勝

 
【男子準決勝・郡山北工―相馬】スパイクを決める相馬の立谷(2)

 第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県代表決定戦・第47回FTV杯争奪県高校バレーボール選抜優勝大会は19日、福島市の福島トヨタクラウンアリーナ(福島市国体記念体育館)で開幕した。男子は福島商と相馬、女子は郡山女子大付と聖光学院が決勝に進んだ。

 男子の準決勝は福島商が福島工に2―0のストレート勝ち。相馬は2―1で郡山北工とのフルセットにもつれる接戦を制した。

 決勝は20日に同会場で行われる。男子は午前10時、女子は同11時半試合開始予定。男女の優勝校は来年1月5日に東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する全国大会に出場する。

 ◆相馬の立谷、接戦発奮

 フルセットにもつれた準決勝。終止符を打ったスパイクを放ったのは、県ナンバーワンアタッカーと称される相馬の立谷純太郎(3年)だった。

 「(自分へのトス全てを)意地でも決めようと思っていた」。序盤からバックアタックやスパイクで得点を量産。最終第3セットも「自分にトスが上がるのは分かっていた」と仲間から託されたトスをしっかり打ち抜いた。

 ライバルは昨年度の春高で活躍し、決勝で対戦する福島商の石崎蛍(同)。「エースとして負けられない」と勝利を誓う。

 ◆福島商、輝いた2年生

 エースアタッカーら昨年の中心メンバーが多く残る福島商。その中で、2年生レフトの菱沼夏輝がひときわ輝きを放った。

 菱沼は昨年もメンバーに入ったが、県大会、全国大会ともに出場機会はなかった。「今年こそやってやるんだと思って練習してきた」と気持ちをぶつけ、身長191センチの長身を武器にブロックの上からスパイクをたたき込むなどコートで躍動した。

 鈴木雅広監督は「昨年の経験の上に菱沼らプラス材料もある」と選手の仕上がりに納得の表情。虎視眈々と2連覇を見据えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

エースが区間賞!相沢晃、松山和希 全国都道府県対抗男子駅伝