桃田や渡辺・東野組などA代表 日本バド協会が日本代表発表

 

 日本バドミントン協会は10日、2020年の日本代表を発表した。福島県関係は、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本、富岡高卒)、混合ダブルスで渡辺勇大・東野有紗(日本ユニシス、富岡高卒)組らがA代表に選ばれた。

 A代表にはほかに、男子ダブルスの遠藤大由(日本ユニシス)渡辺勇大組、古賀輝(NTT東日本)斎藤太一(NTT東日本、富岡高卒)組、保木卓朗・小林優吾組(トナミ運輸、富岡高卒)、女子シングルスで大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒、会津若松市出身)が選ばれた。

本県関係のB代表次の通り。

◇男子
▽シングルス=古賀穂(NTT東日本、富岡高卒)▽ダブルス=金子真大・久保田友之祐組(トナミ運輸、ふたば未来高卒)

◇女子
▽シングルス=高橋明日香(ヨネックス、ふたば未来高卒)仁平菜月(トナミ運輸、富岡高卒)水井ひらり(NTT東日本、ふたば未来高卒)

▽ダブルス=星千智(日本ユニシス、富岡一中卒)松田蒼(日本ユニシス)組

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

柏原竜二さん『走り方』伝授 サンシャインマラソンまで1カ月