JヴィレッジSC優勝 アストロン準V、福島民友杯中学サッカー

 
優勝したJヴィレッジSCイレブン

 サッカーの第24回福島民友杯争奪いわき市中学生大会は19日、いわき市のいわきグリーンフィールド多目的広場で決勝が行われ、JヴィレッジSCがアストロンジュニアユースを2―1で破り、優勝を飾った。

 Jヴィレッジは前半、馬場楓人のミドルシュートなどで2点を先行。アストロンは後半、主将黒沢豪がこぼれ球を得点につなげたが、逆転はならなかった。

 大会は福島民友新聞社とNPO法人いわきサッカー協会の主催、読売新聞東京本社福島支局、いわき市、福島中央テレビの後援、福島民友会浜通り支部の協賛、いわきスポーツクラブの特別協賛、いわきサッカー協会3種委員会の主管。

◆毎試合得点で存在感 JヴィレッジSC・FW馬場

 優勝のJヴィレッジSCのFW馬場楓人(泉2年)は、1回戦から毎試合得点を挙げ、ストライカーとして存在感を示した。

 相手DFを出し抜く動きを得意としている。決勝でも前半、味方のスルーパスに反応し、ノーマークの状態でボールを受けた。ペナルティーエリアの外だったが、思いきり良く狙ったGKの頭上を越えるシュートで先制点に結び付けた。

 「味方がいいパスを出してくれたから得点できた」と謙虚に喜ぶ。今年の目標は「点を取り続けること」といい、仲間と共に県大会優勝を目指す。

▽準決勝
JヴィレッジSC4―1リベルダード磐城
(2―1 2―0)

アストロンジュニアユース1―1いわきFCU―15
 (1―1 0―0 PK3―2)

▽3位決定戦
いわきFCU―15 3―1リベルダード磐城
(2―1 1―0)

▽決勝
JヴィレッジSC2―1アストロンジュニアユース
(2―0 0―1)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

サンシャインマラソン中止...「仕方ない」 ランナーら次回期待