桜の聖母、選手11人一丸で王手 女子サッカーJヴィレッジ杯U―18

 
【桜の聖母―ふたば未来】相手のボールを奪う桜の聖母のFW村上

 女子サッカーの「Jヴィレッジカップ 第4回大会」が15日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で始まり、1次ラウンドの結果、U―18(18歳以下)の決勝は桜の聖母(福島市)と常盤木(宮城県)の対戦が決まった。

 2部門に県内外から各6チームが出場、初日は2ブロックに分かれ、1次ラウンドで争った。

 最終日の16日は決勝や順位決定戦の2次ラウンドが行われる。

 「勝利にこだわった」。ふたば未来戦で、後半開始直後に先制点を奪った桜の聖母のFW村上恋都寧(ことね)(2年)は安堵(あんど)の表情でゲームを振り返った。

 村上はハーフタイムで試合が途切れ、相手が隙を見せると予想。「出だしで攻めを意識した」と、フリーで受けたパスを冷静にゴールに押し込み、チームに流れを持ってきた。

 部員数は13人で、けがのため2人が欠場した桜の聖母。「関わり」をチームのテーマに掲げ、少ない人数でも工夫して仲間をサポートする練習を積み上げ団結力を高めている。

 この日も控えのいない11人で試合に臨んだがけがをしても交代できない不安を全員の協力で乗り越えた。

 鈴木尚子監督は、16日の決勝は相手のレベルが上がり、ディフェンスが重要になると分析し、「プレッシャーに負けず、どこでボールを奪うかがポイント」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止