「入賞できて良かった」 栗原7位、スキー国体距離成年女子

 
【距離成年女子B】7位に入賞した栗原

 第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体2020」第3日は18日、富山県南砺市のたいらクロスカントリーコースなどで行われ、県勢は距離成年女子B5キロクラシカルで栗原訓子(猪苗代中教)が7位に入った。

 「入賞できて良かった」。7位に入賞した栗原訓子(旧姓五十嵐、猪苗代中教)。「後半は体力が底をついて厳しかった」という中でも入賞を果たし、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 成年女子Aに出場した2017年以来の国体だっただけに「不安もあった」という。競技の傍ら、教員として後進の指導に当たっており「どんな環境でも勝てる強い選手を育てたい」と本県スキー競技の強化も目指していく。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止