東洋の絶対的エースに! 学法石川・陸上の松山卒業

 
「大学で絶対的なエースになりたい」と語った松山

 県内各地で高校の卒業式が行われた1日、全国高校駅伝で区間2位、都道府県対抗男子駅伝で区間賞など活躍した学法石川高の松山和希は「得るものが多い3年間だった」と笑顔で巣立った。

 「ラストスパートが課題だったが高校に入ってスピードを強化できた」と自身の成長を振り返った松山。寮生活も思い返し「最初はつらくて、親のありがたさが分かった」としみじみと語った。1番の思い出には5位に入った最後の全国高校駅伝を挙げ「泣いているメンバーもいたように悔しさは残ったけれど、みんなが全力で走ったのが分かってうれしかった」と話した。

 進学する東洋大で「絶対的なエース」を目指す。強豪校での4年間に期待と不安は入り交じるが「1年から臆することなく、食らい付いていく」と決意している。

 目標とする選手は高校、大学の先輩となる相沢晃。「相沢さんのように、どんな状況もひっくり返せる選手になりたい。世界大会にも挑戦したい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止