新主将に小倉選手 福島レッドホープス、スローガン発表

 
スローガンを手に新シーズンのチーム像を述べる岩村監督(右)

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスを運営するY.O.Aは8日、郡山市で記者会見を開き、新主将に小倉朋之選手、スローガンを「TRY something NEW」(新しいことに挑戦する)に決めたと発表した。

 岩村明憲監督は「現状を打破し、新しいことに挑戦するシーズンにしたい」とスローガンに込めた意味を説明。小倉新主将については選手を引っ張っていく力があるとし「捕手として相手だけではなく、自軍の選手一人一人の特徴や個性を見抜き、チームを一つにまとめてほしい」と期待をかけた。

 小倉新主将は「昨年は悔しい思いをした。一人一人がチームのことを考えられる団体をつくりたい」と語った。

 新入団選手らの入団会見も開かれ、入団が決まっていた8人に加え、牛丸京輔外野手(23)=米カリフォルニア州立大イーストベイ=が出席。牛丸選手は「アメリカで4年間野球をした。将来はメジャーでプレーしたい」と決意を披露した。

 チームは15日から約10日間、楢葉町でキャンプを行い、開幕に備える予定。ホーム開幕戦は4月19日、いわき市のいわき南部スタジアムで行われ、埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。午後1時開始予定。

このほかの新入団選手次の通り。

▽投手=ミゲル・ヘルナンデス(24)、デルビー・ロドリゲス(29)(ドミニカ共和国)

▽外野手=ジュニオール・サンタナ(26)(ドミニカ共和国)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止