菊地会長を再任 県ウエイトリフティング協会

 

 県ウエイトリフティング協会は4日、福島市で総会を開き、任期満了に伴う役員改選で菊地俊美会長を再任した。任期は2年。

 事業計画には5月に県高体、7月に県総体の実施などを盛り込んだが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期や中止の可能性もあると付け加えた。

全国大会の優勝者などに贈られる飯高賞には、近内三孝(日大職、田村高卒)、宍戸大輔(日大、福島工高卒)、安藤千鈴(東京国際大、田村高卒)、遠藤梨李(東京国際大、田村高卒)を選んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院『夏14連覇』達成!光南に6-0 福島県夏季高校野球