J3福島ユナイテッドが活動休止 アカデミー、スクールも

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、サッカーJ3の福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッドは10日、トップチームとアカデミー、スクールの活動を休止した。活動休止に合わせて、鈴木勇人代表らがコメントを発表した。

 鈴木代表は「この苦渋の決断は選手、スタッフ、その家族を守ることと地域社会におけるクラブの責任を全うすることにある。感染防止と健康管理を大切にし、明るいJリーグの再開とJ3開幕のために、共に乗り越えていきましょう」と呼び掛けた。

 トップチームの松田岳夫監督は「先行きが不透明な状況ではあるが、チームはこの困難を乗り越え、昨年よりも進化した福島ユナイテッドFCを皆さんに披露できる日を楽しみにしている」とコメントを出した。

 選手もメッセージを送った。田村亮介主将は「今は命、健康が第一。皆さまとまた元気にスタジアムで再会できるよう、換気やうがい手洗いを常に心掛け、自分の身にも危険が迫っていると思い生活します」とコメントした。

 Jリーグは5月27日までの全公式戦の開催延期を発表しており、福島は同31日にホームのとうほう・みんなのスタジアム(福島市)で行われるFC岐阜戦が開幕戦となる予定。福島は21日まで活動を休止する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東北王者は聖光学院!仙台育英に8-0 夏の高校野球東北大会