「うつくしまトライアスロン」中止 新型コロナ感染拡大受け判断

 

 「第22回うつくしまトライアスロンinあいづ」の実行委員会は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、8月23日に開催予定だった大会の中止を決めた。

 会津若松市、猪苗代町、磐梯町、県トライアスロン協会、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委員会の主催。

 大会は猪苗代町の猪苗代湖・天神浜をスタートに磐梯町を通過し、会津若松市の会津大まで計51.5キロのコースをスイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロで競うレースで、昨年は県内外から500人がエントリーした。今回は募集規模を拡大し実施する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止と選手をはじめとしたボランティア、関係者の安全を最優先として中止を判断した。

 問い合わせは実行委員会事務局へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏季高校野球福島大会」対戦カード決定!初戦から強豪が激突