岩村監督「個々の成長期待」 BCリーグ・福島レッドホープス

 
開幕を前に、今季の抱負を語る岩村監督

 プロ野球ルートインBCリーグの福島レッドホープスは20日、会津若松市のあいづ球場で群馬ダイヤモンドペガサスとの開幕戦に臨む。午後1時30分試合開始予定。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客試合として開催する。

 開幕を控えた17日、福島の岩村明憲監督に今季に懸ける思いを聞いた。

 ―開幕を迎える。チームの仕上がりは。

 「練習量が落ちた時期があり、まだ体力的に不安な面はある。長い目で見て個々がどう成長してくれるかを期待したい。その結果がリーグ優勝につながれば」

 ―チームの攻守の鍵は。

 「開幕投手は鈴木(駿輔)に決めている。まだまだ成長しなければいけないが、エースの心構えを持ってシーズンに臨んでほしい。打撃陣は園部、菊名、兼板、高野が中心。自分の役目に応じた打撃をしてくれたら面白い打線になる」

 ―新型コロナウイルスの感染拡大防止のため当面は無観客試合となる。ファンへ一言。

 「開幕すれば社会的にも大きな影響があり、まだまだ気を付けなければならないことも多い。収束が見えて観戦できるようになることを楽しみにしてほしい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院『夏14連覇』達成!光南に6-0 福島県夏季高校野球