悔しいドロー、福島レッドホープス 終盤の逆転実らず

 
【群馬―福島】8回表福島2死二塁、代打牛丸が勝ち越しの中前打を放つ=高崎市城南球場

(21日・高崎市城南球場ほか=5試合)

 福島レッドホープスはビジターの高崎市城南球場(群馬県)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦、2―2で引き分けた。通算成績は1敗1分け。

 福島は1点を追う八回、先頭の兼板が左前打で出塁。園部の中越え二塁打で同点とすると、代打牛丸の適時打で勝ち越した。

 しかし、3番手の伊藤が2四球などで1死満塁のピンチを招くと、内野安打の間に同点に追い付かれて今季初勝利を逃した。

 福島の次戦は23日、ビジターのハードオフエコスタジアム新潟(新潟市)で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院『夏14連覇』達成!光南に6-0 福島県夏季高校野球