感染対策難しい...県北、県中開催せず 福島県中体の代替大会

 

 県北地区中学校体育連盟は22日、新型コロナウイルスの影響で県中学校体育大会が中止となったことを受け、代替として開催を検討してきた県北地区中学校体育大会について、感染対策を十分行うことが難しいとして開催しないことを決めたと発表した。県中地区中学校体育連盟も同日、地区大会と郡山、田村、岩瀬の各支部大会について、代替大会を開催しないと発表した。

 県南、会津、相双の各地区はすでに代替大会を開催しないことを決めており、代替大会開催の方針を示しているのは、7~8月に開催する計画があるいわき地区だけになった。

 県北は地区大会を8月上旬までに開催することを目指していたが、感染対策が難しく、リスクが払拭(ふっしょく)できないことなどから断念した。県中も「(代替大会を開催する前提となる)通常の教育活動が実施されているとはいえない状況にある」ことなどを理由に挙げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院『夏14連覇』達成!光南に6-0 福島県夏季高校野球