福島レッドホープス1点遠く 好投山本を援護できず

 
【新潟―福島】力投を見せたが打線の援護がなく敗戦投手となった福島の山本

(23日・ハードオフエコスタジアム新潟ほか=4試合)

 福島レッドホープスは23日、ビジターのハードオフエコスタジアム(新潟市)で新潟アルビレックスBCに0―1で敗れた。通算成績は2敗1分け。

 先発山本が三回に無死満塁から犠飛で1点を献上。その後は八回途中まで0点に抑えたが打線の援護もなく敗れた。中軸の園部、サンタナ、高野が無安打で、反撃のきっかけがつかめなかった。

 福島は次戦の24日、ホームの牡丹台球場(須賀川市)で新潟と対戦する。午後1時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

高校球児に『夏』が来た!代替大会開幕 野球できる日々に感謝