2日間の熱戦に幕 民友杯U・12サッカー交流フェス

 
激しく競り合う選手たち

 サッカーの第2回民友U―12交流戦フェスティバル最終日は2日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で31試合を行い、2日間の大会が幕を閉じた。選手たちは試合を通じレベルアップを図り、友情を深めた。

 県サッカー協会の主催、福島民友新聞社の共催、楢葉町、広野町の後援、県サッカー協会4種委員会、相双サッカー協会4種委員会の主管。

 対戦機会が少ない他地区のチームとの試合を経験し、交流を深めてもらおうと開催した。今回は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、順位を付けていない。各地区協会から推薦を受け参加した33チームから一人ずつ優秀選手を選んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会