東日本国際大が32度目V 南東北大学野球

 
春、秋通じて32度目の優勝を飾った東日本国際大

 南東北大学野球連盟の秋季リーグ戦は27日、本宮市のしらさわグリーンパーク球場で1部3試合が行われた。東日本国際大は3―2で東北公益文科大を破り、春、秋季通じて32度目の優勝を決めた。

 東日本国際大は2―2で迎えた8回に1点を加え、勝ち越しに成功。投げては先発竹田葵(2年)が粘りの投球で8回2失点に抑えると、九回は佐々木大輔(4年)が無失点に抑えた。

 東日本国際大は10月24日から、明治神宮野球大会出場を懸けて青森県弘前市で開かれる東北地区大学野球代表決定戦に出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』