福島レッドホープス序盤一気 先発国分退場、救援陣リード守り抜く

 
【福島―新潟】2回福島1死二、三塁で2点適時打を放ち、勝利に貢献した伊藤=牡丹台球場

 (9日・牡丹台球場ほか=3試合) 福島レッドホープスはホームの牡丹台球場(須賀川市)で新潟アルビレックスBCと対戦し、4―3で競り勝った。通算成績は26勝26敗6分け。

 福島は2回に園部の本塁打で先制、高野、伊藤も長打を放ち、この回だけで4点を奪った。先発国分は4回途中で危険球により退場。本城ら4人の継投でリードを守り抜いた。

 福島は10日の次戦、新潟と対戦する。ホームの南部スタジアム(いわき市)で午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』