「ドライバー飛距離出た」 学法石川・桑島が全国大会へ、東北高校ゴルフ

 

 「ドライバーで思った以上の飛距離が出た。得意なクラブで自信がついた」。

 全国大会の出場権をつかんだ学法石川の桑島雄(1年)は大会を通じて得た収穫を述べた。

 初日の8番ホールでは、豪快なスイングから300ヤード超をたたき出した桑島。

 「2日間を通じて理想のドライバーショットを打てた」と振り返る。一方で、全国大会に向けて課題も見つかった。「グリーンから外れた時のアプローチやパターの精度が課題」と冷静に分析する。

 「3月まで時間はある。後悔は残さないように練習していきたい」と表情を引き締めた桑島。全国の舞台で輝くため、厳しい冬に臨む覚悟だ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ふくしま駅伝、会津若松が総合V 町の部・石川、村の部・西郷