福島ホープス、BCリーグ優勝誓う 開幕前に岩村監督ら知事表敬

 
内堀知事に今季の活躍を誓う岩村監督(右)と菊名主将(左)

 プロ野球ルートインBCリーグの福島レッドホープスの岩村明憲監督は8日、県庁に内堀雅雄知事を訪ね、10日に開幕する2021年度シーズンでの活躍を誓った。

 岩村監督のほか、菊名裕貴主将が同行した。岩村監督は「震災から10年の節目。こういう時だからこそ優勝という形で県民に報告したい」と意欲を示し、菊名主将は「試合を見て一人でも多くの人が笑顔になれるように頑張りたい」と抱負を述べた。

 内堀知事は「皆さんのプレーが県全体の力になる。全力で頑張ってほしい」と激励した。

開幕投手は斎藤

 岩村監督は8日、報道陣の取材に、10日にビジターの長野県営球場で行われる信濃グランセローズとの開幕戦について、斎藤郁也の先発を明言した。岩村監督は「昨季、地区チャンピオンシップで敗れた相手。成長した斎藤が昨季の悔しさをぶつけて雪辱を果たしてほしい」と期待した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球福島県大会」開幕 2年ぶり開催、全試合無観客