福島レッドホープス今季初の連勝 茨城に6-2、BCリーグ

 
【福島―茨城】3回裏1死満塁、2点適時打を放つ福島の牛丸=牡丹台球場

 (12日・牡丹台球場ほか=4試合) 福島レッドホープスはホームの牡丹台球場(須賀川市)で茨城アストロプラネッツに6―2で勝利、今季初の連勝を飾った。

 福島は1―1の2回、丸茂の犠飛で勝ち越すと、3回には牛丸の2点適時打でリードを広げた。6、7回も得点を重ねた。先発斎藤郁は初回の1失点以降は立ち直り、7回2失点で今季初勝利を挙げた。

 福島は次戦の14日、ビジターの上尾市民球場(埼玉県)で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。午後1時試合開始予定。

 牛丸4安打に手応え

 福島は2回以降リードを許さない安定した試合運びで、今季初の連勝で4勝目。岩村明憲監督は「調子が悪かった選手が結果を残すなど、弾みが付く内容」と振り返った。

 開幕直後はスランプに苦しんだ牛丸京輔は長打を含む4安打2打点の大暴れ。3回は低めの球を巧みに拾い2点適時打を放つなど「コンパクトな振りを練習してきた成果が出始めている」と手応えを感じている様子。14日からは敵地での連戦を迎える。牛丸は「連勝でチームの雰囲気が良くなっている。さらに状態を上げていきたい」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院3年ぶりV!学法石川に13-7 春季高校野球福島県大会