男子200・山下潤、女子・紫村が3位 東日本実業団陸上

 

 陸上の東日本実業団選手権最終日は16日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた。

 県勢は、男子200メートルで山下潤(ANA、福島高卒)が21秒28で3位、同400メートル障害で田代優仁(東邦銀行)が52秒58で5位、同砲丸投げで吉田孝博(八千代高教、原町高卒)が15メートル02で6位となった。野村顕弘(三春町役場)はシニア男子1500メートルで4分42秒75の11位、男子3000メートル障害で10分55秒43の12位に入った。

 女子200メートルで紫村仁美(東邦銀行)が24秒91の3位、武石この実(同)が25秒32で5位、青木りん(同)が25秒50で7位だった。女子走り幅跳びは高橋英里(東邦銀行)が5メートル42で11位。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏の高校野球福島大会」組み合わせ決まる 7月7日熱戦開幕